釣りが何よりの楽しみで、
加太の海で真鯛釣りに嵌ってしまってるヒゲ親父のブログです。

まだ見ぬ大物真鯛との出会いを夢見ながら
至福の時を楽しんでます。

2013年04月29日

白浜遠征(ジャンボイサギを求めて)

4月27日〜29日

GWに突入し釣り仲間と白浜に遠征に行ってきました。
今回はジャンボイサギを求めてすさみ沖へ。
お世話になったのは正丸さん。
優しい船長さんと愛想の良い女将さんがとても好印象でした。

今回も鯛姫こと家政婦の松さんの計らいでまたまたエクシブに宿泊する事に!

19.jpg

今回は110平米のゴージャスなスイートルームに泊まる事に!
日ごろ、安価な宿しか宿泊したことのない私にとっては有り難い限りでやんす。

08.jpg
06.jpg
03.jpg
05.jpg
07.jpg
02.jpg

テラスの下にはワールドサファリの動物が見え、その向こうには白浜空港。
その向こうには限りない水平線が!
素晴らしい眺めの部屋でした。わーい(嬉しい顔)
被写体は悪いですが・・


さてイサギ釣り。
3時に起床して30分ほどで現場に到着。
船のすぐ前まで車を付けれるので楽チン!

さほど大きな船ではないが、5名で貸切だったので十分の広さ。
印南や御坊と違いアンカーを入れずに流し釣りするそうだ。
大きいサイズばかり狙うとの事でポイントまでは10分ほどの近さ。
天気も良く絶好の釣り日和でした。晴れ晴れ晴れ

10.jpg

第一投目。
タナは40m付近。
仕掛けを投入し、船中に言われたタナで竿を杓ってこませを撒く。
いきなり飛びついてくるようなアタリが!
かなりの大物だ!

何度も強引な引きを楽しませてくれる。
先頭打者ホームランってやつですか〜?
鯛?ジャンボイサギ?グレ?危うくばシオ?
しかし上がってきたのはこやつ・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

09.jpg

すぐに海にお帰りいただく・・
ホームランどころかキャッチャーフライですか・・?

その後、待望のジャンボ?まではいかないが30cm超えのイサギが続けて2匹。
しかしすぐにアタリが遠のく・・
前に座っていた鯛姫がひとり気を吐いて次から次に釣り上げる。
ほとんど入れ食い状態で8匹ほど釣ってる???
何であんただけ・・?
カエルおばさん!

11.jpg

あとで聞いたのだが、どうもリールのカウンターが狂っていたようで、
彼女だけみんなと違うタナを攻めていたようだ・・??
そのタナが本来のタナで私たちは彼女のためにせっせと撒き餌していたようだ。
何じゃそりゃ〜!パンチ

今日は潮がもうひとつ動かない様で何度もポイント移動する。
船中ポツリポツリと釣れるがピークタイムが無い・・
それでも何とか頑張って28〜37cmを15枚釣る事ができた。

20.jpg

メタボTさんとナダッチさんは二人で釣り上げたサンノジを無情にも苛めている。がく〜(落胆した顔)
腹を割き、内臓をむしり取り、頭まで落として・・
早く捨てればいいのに・・

12.jpg

何とか全員10枚前後釣って外道でグレやウメイロ・サンノジも釣れた。
極め付けは最後の最後の納竿5分前ににメタボTさんが60cm超えの真鯛をゲット。
さすが加太の大物キラー様!

数は少なかったが良型イサギに大満足の釣りでした。
釣りの後は折角白浜まで来たのでお決まりの観光地へ。

13.jpg

三段壁です。

14.jpg

15.jpg

千畳敷でやんす。
 ↓ この写真を撮ってくれたアベック様。
お願いしといて何ですが・・
何でこんなに左寄りなん?もうちょっとアングル考えて欲しかったかも?
しかも逆光やん・・

16.jpg

田舎の鉄工所の慰安旅行の様な風体の5人組でした。
各所各所でバカな事ばかり言い合って恥ずかしい限りでした。

夜ははとれとれ市場で食材を買い込み部屋でバカ話。
疲れ果ててイビキの合唱。
猫真似の寝言も飛び出して賑やかな深夜のスイートルームでした。
何はともあれ、楽しい2泊3日の遠征釣り旅行でした。
また来年も来れれば良いのですが。



今日のオレンジマン。

17.jpg

奴は部屋着もオレンジでした。
椅子にはオレンジのジャージ。
後ろのカウンターにはオレンジ色のバッグ。
これともうひとつ大きめのオレンジのバッグも持参してました。exclamation&question
いっその事、髪の毛もオレンジ色に染めれば!?
38cmの巨大イサギを釣り上げてご機嫌さんでしたわ。わーい(嬉しい顔)

posted by カラス at 22:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

嵐を呼ぶ関西真鯛専科オフ会

4月21日

昨日カンマダ(関西真鯛専科)のオフ会を行いました。
この会は不思議と毎回毎回悪天候になりますねん・・
“今回こそは好天を!”と願ったのですが・・

やはり何かに祟られてるのか?
呪われているのか?
鯛の怨念なのか?
私の日頃の行いが悪いのか・・?
これかな・・?

1週間前の週間天気予報ではそれほど荒れる感じではなかったのに、
日が近くなるにつれて低気圧がじわじわ近づいて来てピンポイントで直撃する事に・・
前夜から雨が降り、出港時には雨も残り冷たい北風が吹き荒れてました。
6時過ぎには雨は止んだものの突風が吹き荒れ立って釣りが出来ないほどの強風でした。
オマケに4月とは思えない寒さ。

そんな中、釣りスタート。
今回は11名の参加。
こんな天気でも誰一人キャンセルする事無く、
平気で参加する強者と言うか、ただの釣り馬鹿と言うか?
ある意味頼もしい釣り仲間さん達です。

今回は多部丸さんと畑中丸さんの2隻にお世話になりました。
6名と5名に分かれての乗船。
朝一にくじを引き釣り座の抽選。
私は多部丸さんの右の舳・・
何だか嫌な予感が・・

案の定、ポイントは地の瀬戸。
北東風、下りメインの潮なのでドン穴の釣り座やん・・
しかも潮先にはこの船をホーム船としてるカンマダ筆頭釣り師のよっさんが座る事に。
朝一の少し残ってる上り潮に期待するが束の間の期待に終わりすぐに潮は下り始め艫流れに。

下り潮に転じた途端によっさんは竿を曲げてられる。
立て続けに3連発!
恐ろしいおいやんです。。。

私は巻けども巻けどもアタリ無し・・
船長にタナを確認しに行くとかなり浮いてるのこと。
思い切って底から10m以上だけを探る事に。
スローで攻めていると初のアタリが!
一気に突っ込んでくれて無事48pをゲット。

次の流しでも25回ほど誘って小さなアタリが。
しかしすぐに放してしまう。
まだ気配は感じるのでそのまま巻き続けると追ってきたようで引っ手繰る様に突っ込んでくれた。
これで2枚目。
よっさんにあと1枚で追いつく。わーい(嬉しい顔)

しかしその後はまた鯛は底に沈んでしまった。
潮も早くなりしばらく大人しかったよっさんがまたまた猛ラッシュ!
仕掛け底着後に少し巻き上げて竿を上下に上げ下げするだけの誘いで次から次に釣り上げる。
その姿は名人芸!
他の乗船者は口をポカ〜ンと開けて眺めるだけ・・
一時間あまりの間にあっと言う間にツ抜け。
恐れ入りました・・ ふらふら

そんなこんなで何とか無事にオフ会終了。
船中10、2、1、1、0、0と厳しい釣果となりました。
もう1隻の畑中丸に乗船された人たちも苦戦だったようです。
今回はよっさんの一人舞台のオフ会となりました。

今回乗船させて頂いた多部丸さんは船長も愛想が良くポイントの選択、船立て、擬似の選択、全てにおいて完璧でした。
特に地の瀬戸を流させたら加太ではナンバー1ではないでしょうか。
いつも好釣果を上げてる理由が解った気がしました。

03.jpg

結局アタリは2回だけ。
2打数2安打だったので悔いは残らなかったが、もう少し真鯛とのやり取りを楽しみたかったかな??

01.jpg

釣り後、国民休暇村で軽く昼飯。
楽しいオフ会でした。わーい(嬉しい顔)

posted by カラス at 23:14| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 加太 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

加太 真鯛 V3は免れたものの・・

3月30日(土曜日)

久しぶりの加太への釣行。
2連敗中なので今日もあかんかったらV3達成やん・・
何年ぶりかの大苦戦。
相棒も同じく2連敗中で「今日は絶対釣んで〜!」
と二人で固く誓い合っての出陣。

しかし今日は中途半端なへタレ潮やん・・
最速でも1.2ノットしかないみたいやし、
上り潮しか無いから後半の一発逆転も期待できん・・
なにもV3の掛かってる大事な釣行にこんなヘタレ潮を選ばんでも?
っという説も有ったが、無理矢理ポジティブに考えて大釣りしてる自分の姿をイメージして強引に来てしまった。
やっぱり重症やな。

IMG_8353.jpg

さて釣り開始!
北東風ということで左舳をキープ。
相棒は左胴に座り久しぶりに仲良く並んでの釣り。
港を出ると案の定東風。
思ったより南寄りの風だ。
船はナカトに向かって左舷からの潮入り。
釣り座は悪くない。
しかしやたら風強いしめちゃ寒い・・

ポイントは意表をついてウワテへ向かってくれれば嬉しかったが、
甘かった様で予想通りハリダシからのスタート。
潮は前回より少しは色が付いてるが相変わらずスケスケ。

一流し目、気配無く全くアタリ無し・・

二流し目、右の舳の方が一枚釣られる。

三流し目、またまた右舳の人が釣る・・

おかしいやん・・?

僕を通り過ぎて何で右の人が釣れるん?
船中、このお方だけが釣ってられる。
あまり見掛けないお客さんでベテランさんらしく、
仕掛けや魚とのやり取りを見る限り、
「お主、只者では無さそうじゃの〜!」
って感じの年配の方だ。
潮登りの際に聞いてみた。

「遅巻きですか?」

「いや、2度巻いて止めての繰り返しをしてるのですわ。」

2度巻きのストップアンドゴーを繰り返してられるようだ。
潮が動いてないので何かアクションを加えないと釣れないのか?
なるほど〜
真似をして釣るのも癪なのでデッドスローで攻める事に。

8時を回った頃にようやくチャリコが飛び付いてくれる。
これでV3は免れる。
ほんまに嬉しい一枚です。ダッシュ(走り出すさま)

その後40pほどのカスゴサイズを追加。
8時半頃が最速なのでピーク到来か?
隣で相棒もチャリコを釣り上げてる。
これで二人揃ってV街道を脱出できた。
目出度し!目出度し! わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

その後もアタリはそこそこ有るがなかなか反転まで持っていけない。
9時を回った頃に7回ほど誘って小さなアタリが!
モゾモゾと付いて来るが反転してくれない。
15回ほど巻いて誘いを止めてやり3秒ほど待って巻き上げると一気に突っ込んでくれた。
42pの今日では一番マシな型が上がってくる。
これで3枚目。
何とか最低目標は達成したが、その後は潮も緩み全くアタリが無くなってしまった。
船長も悩んでるようでナカト下付近までうろちょろし出した。

11時前に意を決したのかナカトを横切りウワテへ!
待ってました!!
これからが本番!
仕掛けを24m9本針にチェンジ。
しかし潮は動かない。
下り潮が本格的に動くのは1時間ほど待たなくてはいけない。
それまで粘ってくれるのか・・?

椿谷とナカトの境目を流すがゆっくりと沖へ流れるだけ・・
西へ流れる潮じゃないと釣れる気がしない・・
2流しやっていきなりラッパが2度鳴る・・
試合終了でっか〜
致し方ないですな・・ もうやだ〜(悲しい顔)

何とかボウズは免れたが、少々寂しい釣果でした。
船中6名中、3名がボウズでストップアンドゴーのベテランさんが4枚と竿頭だった。
次回はもう少し良い日に来なくては・・

IMG_5089.jpg

posted by カラス at 20:05| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(1) | 加太 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。