釣りが何よりの楽しみで、
加太の海で真鯛釣りに嵌ってしまってるヒゲ親父のブログです。

まだ見ぬ大物真鯛との出会いを夢見ながら
至福の時を楽しんでます。

2013年04月29日

白浜遠征(ジャンボイサギを求めて)

4月27日〜29日

GWに突入し釣り仲間と白浜に遠征に行ってきました。
今回はジャンボイサギを求めてすさみ沖へ。
お世話になったのは正丸さん。
優しい船長さんと愛想の良い女将さんがとても好印象でした。

今回も鯛姫こと家政婦の松さんの計らいでまたまたエクシブに宿泊する事に!

19.jpg

今回は110平米のゴージャスなスイートルームに泊まる事に!
日ごろ、安価な宿しか宿泊したことのない私にとっては有り難い限りでやんす。

08.jpg
06.jpg
03.jpg
05.jpg
07.jpg
02.jpg

テラスの下にはワールドサファリの動物が見え、その向こうには白浜空港。
その向こうには限りない水平線が!
素晴らしい眺めの部屋でした。わーい(嬉しい顔)
被写体は悪いですが・・


さてイサギ釣り。
3時に起床して30分ほどで現場に到着。
船のすぐ前まで車を付けれるので楽チン!

さほど大きな船ではないが、5名で貸切だったので十分の広さ。
印南や御坊と違いアンカーを入れずに流し釣りするそうだ。
大きいサイズばかり狙うとの事でポイントまでは10分ほどの近さ。
天気も良く絶好の釣り日和でした。晴れ晴れ晴れ

10.jpg

第一投目。
タナは40m付近。
仕掛けを投入し、船中に言われたタナで竿を杓ってこませを撒く。
いきなり飛びついてくるようなアタリが!
かなりの大物だ!

何度も強引な引きを楽しませてくれる。
先頭打者ホームランってやつですか〜?
鯛?ジャンボイサギ?グレ?危うくばシオ?
しかし上がってきたのはこやつ・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

09.jpg

すぐに海にお帰りいただく・・
ホームランどころかキャッチャーフライですか・・?

その後、待望のジャンボ?まではいかないが30cm超えのイサギが続けて2匹。
しかしすぐにアタリが遠のく・・
前に座っていた鯛姫がひとり気を吐いて次から次に釣り上げる。
ほとんど入れ食い状態で8匹ほど釣ってる???
何であんただけ・・?
カエルおばさん!

11.jpg

あとで聞いたのだが、どうもリールのカウンターが狂っていたようで、
彼女だけみんなと違うタナを攻めていたようだ・・??
そのタナが本来のタナで私たちは彼女のためにせっせと撒き餌していたようだ。
何じゃそりゃ〜!パンチ

今日は潮がもうひとつ動かない様で何度もポイント移動する。
船中ポツリポツリと釣れるがピークタイムが無い・・
それでも何とか頑張って28〜37cmを15枚釣る事ができた。

20.jpg

メタボTさんとナダッチさんは二人で釣り上げたサンノジを無情にも苛めている。がく〜(落胆した顔)
腹を割き、内臓をむしり取り、頭まで落として・・
早く捨てればいいのに・・

12.jpg

何とか全員10枚前後釣って外道でグレやウメイロ・サンノジも釣れた。
極め付けは最後の最後の納竿5分前ににメタボTさんが60cm超えの真鯛をゲット。
さすが加太の大物キラー様!

数は少なかったが良型イサギに大満足の釣りでした。
釣りの後は折角白浜まで来たのでお決まりの観光地へ。

13.jpg

三段壁です。

14.jpg

15.jpg

千畳敷でやんす。
 ↓ この写真を撮ってくれたアベック様。
お願いしといて何ですが・・
何でこんなに左寄りなん?もうちょっとアングル考えて欲しかったかも?
しかも逆光やん・・

16.jpg

田舎の鉄工所の慰安旅行の様な風体の5人組でした。
各所各所でバカな事ばかり言い合って恥ずかしい限りでした。

夜ははとれとれ市場で食材を買い込み部屋でバカ話。
疲れ果ててイビキの合唱。
猫真似の寝言も飛び出して賑やかな深夜のスイートルームでした。
何はともあれ、楽しい2泊3日の遠征釣り旅行でした。
また来年も来れれば良いのですが。



今日のオレンジマン。

17.jpg

奴は部屋着もオレンジでした。
椅子にはオレンジのジャージ。
後ろのカウンターにはオレンジ色のバッグ。
これともうひとつ大きめのオレンジのバッグも持参してました。exclamation&question
いっその事、髪の毛もオレンジ色に染めれば!?
38cmの巨大イサギを釣り上げてご機嫌さんでしたわ。わーい(嬉しい顔)

posted by カラス at 22:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。