釣りが何よりの楽しみで、
加太の海で真鯛釣りに嵌ってしまってるヒゲ親父のブログです。

まだ見ぬ大物真鯛との出会いを夢見ながら
至福の時を楽しんでます。

2012年08月01日

加太 真鯛 久しぶりの真鯛釣り

7月29日(日曜)


久しぶりに釣りに行けました。わーい(嬉しい顔)
事務所、倉庫の引越しで7月はほとんど休み無しで頑張ってました。
ようやく落ち着いて相棒、若鯛将、鯛姫と4人でホーム船の弟船を仕立てることに。

終始イワシのたからせ釣りでイワシを求めてナカト下、ウチノマエを行ったりきたり。
魚探には上から下までイワシの反応がびっしり!
船長も朝一にニヤリと笑いながら"今日は釣れるで〜!”
と嬉しいお言葉を!わーい(嬉しい顔)

しかし半端じゃない暑さ・・晴れ晴れ晴れ
朝から汗が滴り落ちる・・ちっ(怒った顔)


20120729172607384.JPG

イワシは仕掛けを降ろすと数匹は必ず付いてくる。
そのイワシが逃げ惑うので竿先が激しく上下する。
しかしなかなか真鯛君は食ってくれません。
潮が動かず思いの外みんな大苦戦・・
11時過ぎの潮止まり寸前にようやく食いが活発になり船中みんなの竿が曲がり何とか全員安打。

20120729172612367.JPG

私は何とか9枚釣れました。9
久しぶりの割には好釣果でした。
今回の勝因はこいつかも??

20120801210443692.JPG

引越し疲れと暑さで朦朧としてる時にこいつを顔面やTシャツの中やズボンの中の陰部にシュッと一吹き。ひらめき
ちょっとヒリヒリするが見事に目が覚めました。
集中力が高まりますよ。
一度試してみて下さい。
お奨めです!

20120729172625966.JPG

posted by カラス at 21:32| 大阪 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 加太 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

加太 真鯛 やっぱナカトは面白い

6月30日(土曜日)

久しぶりの加太。
今月はグアムやらイサギ釣りやらで忙しくまだ鯛を釣ってない。

相棒と鯛姫、K野さんと4人で釣行。
心配してた雨も大丈夫みたいだし風も無い。
東の空の朝焼けがとてもきれいでした。
西の空は今にも泣き出しそうでしたが・・

01.JPG
朝一からナカト。
上り潮が残っておりナカトを南から北へ流す。
だが、全くアタリ無し・・
30分ほど流すが反応が無いのでポイント探しに遊覧。
しかし何処にも反応は無しでイワシも居てないようだ。
暇なので写真撮影。

04.JPG
02.JPG

まだ潮が動いてない中の再開。
イワシが掛かるが鯛は知らんぷり・・
っと思ったら大きなアタリが!
針に付いているイワシが暴れ出し竿先が震えその後一気に持ち込まれる!

引きからするとハマチのデカイ奴みたいだ。
何度もドラグを滑らせてくれ上がってきたのは60cm級の大きなハマチ君!
相棒が飛んできてくれてタモを出してくれ無事捕獲!
『ありがと〜〜!』
の筈が・・
見事にタモ入れ空振りでその隙にハマチ君は大海にお帰りになられました・・

『お前な〜〜!』
『ごめ〜ん!』
『もお〜〜〜〜!しゃあないの〜〜・・』

これが今日の運の尽き・・
逃がした魚は大きく見えました・・
イヤ確かにデカかった!?

8時半。
ようやく潮も本格的に動き出してきた。
船中、パラパラ釣れだす。
相棒はハマチと真鯛を2枚釣ってルンルン気分!

これからが本番!
しかし雨が降り出してきた・・
カッパを持って来てたのだが、相棒が寒いということで先ほど貸したばかり・・
段々本降りになってきた・・
我慢してひたすら釣り続けるが半そで半パンだったのでびしょびしょになってしまった。
流石に寒くなってきたので相棒にカッパを返してもらう事に。
しかし、返してもらった瞬間に雨がピタッと止む・・???
何とも運の強い男だ・・

9時になるがまだ真鯛ボウズ・・
相棒は4枚・・
鯛姫も2枚・・
初心者のK野さんもチャリコゲット・・
私だけまだ鯛ボウズ・・

何度か心地よいアタリは有り竿先をゴンゴンッ!グイ〜ンと引き込んでくれる。
しかしすぐにプツっとバレる。
潮が荒れているので掛かりが悪いのか・・?
腕が悪いのか・・
後者だろう・・
下手くそですわ〜

その後何とか2枚は釣る事が出来、何とかボの字は免れた。
相棒はドンケツの席にも関わらず竿頭の5枚を釣上げていた。
前回に続き惨敗でした。
今日は相棒に運を持っていかれたようだ。

06.JPG

ハマチは脂が乗っており抜群の味でした。
そうなると逃したデカハマチが惜しまれます。
次はちゃんと掬ってや〜〜

 
 
posted by カラス at 00:38| 大阪 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 加太 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

印南 イサギリベンジ戦 爆釣〜

先月の印南でのイサギ釣りが納得がいかずリベンジに行く事に。
メンバーは前回同様加太のホーム船の仲間6名。
懲りない面々です。

午前4時半に曇り空の中出船。船船
お世話になったのは前回と同じせいゆう丸さん。
2隻の船の内、小さいほうの船を貸切での釣行。

ポイントまでは約15分。
近いので気が楽ですわ。

一投目からアタリが有り、小振りながら3連!
その後も入れ食い状態。
30分も経たないのに20匹ほど釣れてしまった。
ただ、サイズが小振りで30cmどまり。

ポイント移動すると35cm前後の良型が釣れだした。
ここでもほぼ入れ食いで仕掛けを降ろせば何か釣れてくる。
外道でソウダガツオやサバなども釣れる。
私には45cmほどのスマガツオが食いついて来てくれた。
嬉しい外道君!

他のメンバーもソウダガツオとサバの猛襲を交わしながら良型のイサギを釣りまくる。
気がついたらクーラーはほぼ満タン。
まだ8時を回ったところだ。
贅沢にもソウダガツオとサバは放流する事に。

20120624150500942.JPG

相棒も小雨の降る中、最後まで粘ってました。

9時前には雨も降り出したので早上がりする事に。
余裕の帰港。。。

全員ほぼクーラー満タンでした!!わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
無事リベンジを果たせて一安心〜
鯛姫も今回のためにわざわざ35リッターのクーラーを新調するという気合の入れ様。
功を奏しました!

20120624150525089.JPG

20120624150512219.JPG

35リッターのクーラー満タン!
相棒はクーラーの重みに耐え切れず腰をイワしてました。もうやだ〜(悲しい顔)
嬉しい悲鳴だったでしょうexclamation&question

何匹釣ったかは数えてないですが60匹くらいでしょうか?
ソウダガツオは6匹、サバ2匹、スマガツオ1匹です。
ひさびさの爆釣でした〜〜〜手(チョキ)

しかし、氷が入らないという悲劇に・・
持ち帰った魚は3時間掛けて捌く羽目に・・

20120625192358948.JPG

スマガツオの刺身は最高の味でした。
ソウダガツオもタタキ、角煮で頂きましたが、これが以外に美味い!
特に角煮は抜群!
友人にもらった専醤という醤油で煮たのですがこれがバッチリ!

20120625192351294.JPG

こんな美味しい魚を沢山放流してしまって少々悔やまれます。
次回はクーラーを2個持って行くべきでしょうね。ひらめき

20120625192418220.JPG

鯛姫にもらった絶品の淡路素麺やらご近所さんに頂いた天ぷらに
賑やかな食卓になりました。
9時には気絶してました。眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)

 
posted by カラス at 21:12| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

ちょいとグアムへ!2012年

今年も行ってきました!
3泊4日のグアム旅行。

天候にも恵まれ、4日間ずっと晴れてて最高の旅行でした。
今回は家族も同伴ということでかみさんと次男も連れて行きました。
昨年のオーストラリアに続く家族サービスができました。

ただ、長女だけ留守番でちょっと可哀想だったので、
少々高価な土産で勘弁してもらうことに。

01.JPG

今年もアウトリガー・グアム・リゾート

今回は最低の部屋で上の階から雨漏りしてくるし、
バスタブが無い風呂で、3日目はバスタオルもバスローブも無し・・?
ベッドの灯も球切れ・・
5階で見晴らしも今ひとつ・・
窓は汚い・・
もし行かれる方がいらっしゃったら515号室だけは避けて下さい。

01-02.JPG

昨年もお世話になった野外射撃場GOSRで撃ちまくってきました!
かみさんと次男も初射撃に挑戦!
総勢12名で押し掛けて1000ドル以上撃ちました。

02.JPG

03.JPG

ワイルドだろ〜〜
拳銃が似合う親父でしょ???

日頃のストレスが吹っ飛んでしまいますよ〜〜

04.JPG

05.JPG

なかなかの腕前でしょ!!

06.JPG

かみさんもビビリながら何とか!
でもほとんど的に当たらず。。。

07.JPG

オーナーさんが覚えていてくれていて、
最後にマシンガンもサービスで撃たせてくれました。
みんな大満足でした。
あのAKB48も来たらしいです。


恋人岬のオーシャンビューです。
かみさんと夕陽を見るのも乙なもんでした。

と言う事に・・

08.JPG

09.JPG


一日目はヒルトンホテルのバーベキューディナーショー

二日目は昨年連チャンした世宗(セジョン)の美味しい焼肉

三日目はバーベキューリブで有名なトニーローマ


10.JPG

11.JPG

ボリューム満点で柔らかくて美味しいリブでした。
40ドルほどでリーズナブルで人気の訳が分かりました。

13.JPG

来年も来れたらいいのですが????

頑張って働こう・・

posted by カラス at 22:08| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

加太 真鯛 イワシ鯛の筈が・・

5月27日(日曜)

イワシが回ってきているという事で加太に行ってきました。
イワシ鯛という事で、

ヒラメ!
アコウ!
メジロ!
もしかしたら?マナガツオも!
と頭の中は高級魚で一杯だったのですが・・
 

今日は10名のお客さん。
兄船6人、弟船4人に分かれての乗船。
私は相棒とともに弟船に乗船する事に。
東風という予報だったので私が右舳、のぶが艫。
北風なのでちょいと不利だがナカトならあまり関係ないでしょ??

4時30分出船。
向かうはナカト!
『食わんかも知れんけどやってみよか〜』との事。

03.jpg

5時前に第一投目。
擬似はナカトでお馴染みの白のチビ擬似。
いきなり底でアジが食ってきた。
40cm級の元気なアジだ!
幸先の良いスタート!
後ろでは相棒が小振りながら鯛を釣っている。

次の流しでもチャリコが食ってくる。
こりゃ〜入れ食いやん!!
潮はさほど濁ってはいないが、ほど良く潮が荒れているようで魚の活性は良さそうだ。

その後も入れ掛かりになり、ひと流し毎に何かがアタッてくれる。
しかし、潮が荒れているので底が取り辛く根掛かりの連発・・
起点の水深は60mほどだが錘が底に着いた瞬間根に入ってしまう。
運が悪いのか腕が悪いのか・・?

あまりナカトで錘をロストしない自信はあったのだが、
今日は何故か根に絡んでしまう。
短い時合いの間に4個もロスト・・
オマケにバラシ3回・・
後ろでは相棒が順調に数を重ねているようだ。

6時前には時合いも終わってしまい30cmから40cmのチャリコばかり4枚とアジが2匹。
潮が緩んできた際にそこそこのサイズが掛かるが痛恨のハリス切れ・・
手ごたえからすると50cm以上はあったと思う・・
この時点で私が4枚、相棒は6枚。

イワシは一時はナカトにも入って来てたがすぐに姿を消してしまい、
時合いが終わった後は全く居なくなってしまった。

その後はコマサキ、カメガサキの沖を遊覧状態。
下の2本の針にアオイソメを付けて、ただ底で待ってるだけの釣り。
通称『カメムシ』と呼ばれている退屈な釣りだ。

眠気と戦いながら頑張るが全くアタリが無い・・
潮先の左艫の方が良い型のアジや鯛をポツリポツリと釣られるが潮下の私には全くアタリが無い・・
何とか放流ギリギリサイズの25cmの豆チャリを釣るが後が続かない。

9時50分にあっさり早上がり。
何とも尻つぼみの釣りになってしまった。
相棒は2枚追加して8枚の好釣果。
左艫のHさんが7枚、左舳のAさんは5枚。
私はチャリコばかり5枚・・

今日は相棒に軍配が上がりました。
最近奴は調子が良いな〜〜

高級魚を持ち帰る筈が少々味が落ちてきてる鯛と脂の乗ってないアジだけ・・
まあ釣れただけでも良しとしましょう!
天候も抜群の日和で朝は肌寒かったが陽が上がると半袖で充分の好天気でした。
次回は頑張ります!

01.jpg

ここのところ、天候には恵まれているようですな〜
穏やかな気持ちの良い加太の海でした。

02.jpg




 

posted by カラス at 21:20| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 加太 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

年に一度の麦わらイサギ

5月19日(土曜日)
 
今年もイサギのシーズンが始まりました!
旬の魚イサギの白子が食べたくて鯛釣りホーム船の常連さん達9名で印南に出陣!
お世話になったのはせいゆう丸さん。
昨年は午後便で爆釣させて頂いたので今年も!!??

前夜にこの船の仮眠所で泊まることに。
びっくりするくらいきれいな仮眠所で布団も用意してくれていた。
つまらない民宿より数段きれいでした。
っと言っても私は布団の数が足らず、ひとり寂しく車で寝る事に・・

4時半に出船!
私達9名とこの船の常連さん2名、計11名での出陣。
手釣り組5名と電動リール組4名で左右に分かれて釣る事に。
ポイントまでは15分くらいで到着。

父iphone画像 723.jpg

一投目から鯛釣り名人の辻○さんが良型のイサギをゲット!
他の人もパラパラと釣り上げてられる様だ。
私は電動リールのカウンターの調子が悪く10メートルほど誤作動しているようだ。
タナが解らず四苦八苦・・
5時半ごろ、ようやく大きなアタリが!
いい感じで竿先を叩いてくれてそこそこのサイズみたいだが・・
上がってきたのはこのお方・・

父iphone画像 724.jpg

コブダイちゃ〜〜ん!!
っと思ったらどうも違うらしく『テンス』という魚らしい。
あまり嬉しくないかも??

その後もなかなかタナが合わず、6時過ぎにようやくイサギのタナに辿り着く。
するといきなり3連!
続いて4連!
またまた3連!!

しかし小さい・・
20pほどのチャリイサギ君ばかり・・
いつもなら放流サイズだが、
今日は厳しそうなのでこそっとクーラーに温存しておく事に。

タナが深過ぎるのでは??
と思いタナを上げるとアタリが全く無い。
少し落とすとやはりチャリイサギ・・
他の方もあまり良い型は釣ってないようだ。

ちょいと時期が早かったのか?
船頭に聞いてきるとやはり今年は例年に比べ成長が遅いらしい。
2、3週間遅れてるみたいで、腹も小さく卵もまだ小さいようだ。
何度かポイント移動するが、ほんの少し型は良くなるがジャンボイサギはお目に掛かれない。

何とか37枚釣ったが最大でも30p止まり。
30pオーバーは2匹だけだった・・

父iphone画像 734.jpg

他の方も同じようなサイズを30匹〜50匹ほど釣られていた。
竿頭は相棒のぶ君の友達の河○さんで25ℓほどのクーラーが満タンにされてました。

天候には恵まれ風も無く絶好の釣り日和でした。

父iphone画像 726.jpg

青い海!
青い空!
最高の日和でした。

父iphone画像 725.jpg

家政婦の松さん

父iphone画像 729.jpg

イサギ釣りは年に一度だけと思ってたが、
ちょっと不完全燃焼なのでリベンジに来るかも??
このままでは終れんでしょう??

持ち帰ったイサギは7割が雄で小さいながら白子が入ってました。
バターと醤油でホイル焼きしましたが、
抜群〜〜
めちゃ美味でした〜
やっぱりリベンジに来るべきですね。

posted by カラス at 23:26| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

吉野 津風呂湖温泉

ゴールデンウィーク最終日にカミさんと

奈良の川上村のお世話になっている知人宅へ、

先日釣った真鯛を持って挨拶に行ってきました。


私がまだ3歳の頃、この辺りに住んでいたらしいのですが、

流石に全く覚えてないですわ〜


行きは雨が降ってましたが、

日頃の行いが良いので帰り道には晴れ間が見えてきました。わーい(嬉しい顔)

足を延ばして大滝ダムに立ち寄りました。

とても開放感の有る景色でしたよ!

IMG_0726.jpg

IMG_0468.jpg

IMG_3725.jpg

平宗の柿の葉寿司を土産に買って

帰り道に吉野の津風呂湖温泉に行ってきました。


これと言って驚くような凄いお湯では無かったですが、

ひっそりとした人里離れた田舎の温泉でのんびり出来る温泉でした。

IMG_6815.jpg

弘法大師のさずけの湯らしく地味だが効能が有りそうな湯でした。

小さな露天風呂が有り、40度弱のぬる湯なので長い間入っていてものぼせません。

周りは緑いっぱいで森林浴もでき落ち着く温泉です。

もみじの木が露天風呂を蓋い、秋には紅葉すればなかなかの絶景になるのかも?

また行ってみたいと思える温泉でした。


最近、カミさん孝行が過ぎるかも??

癖になったら困るかもね。わーい(嬉しい顔)
posted by カラス at 21:54| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | カラスの行水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

加太 真鯛 嵐を呼ぶカンマダオフ会

今日は関西真鯛専科のオフ会。
総勢14名でホーム船の2隻を貸し切りました。

毎回、雷、暴風雨など天候には恵まれず撃沈を食らってるが、今回は・・?

01.JPG

いざ出陣!

02.JPG

午前5時前に出港。
港を出る時から凄い風・・ちっ(怒った顔)
出れるかどうか心配だったが、何とか出港は出来るようだ。
ただ、この風では通常のポイントに入るのは無理かも?
と不安がよぎる。

案の定、朝一のポイントはハリダシ・・??

22.JPG

魚探には何も映って無い。
何度か潮登りするが全く魚の気配が無い・・
ナカト下辺りに小さな船団が出来ている。
ハリダシを諦めて我船もナカト下へ向かうがここでも全く反応無し。

すぐさまポイント移動。
向かうはナカト!
10メートル前後の暴風でナカトは白波が立って大きく波打っている。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
横断するも波に揉まれ低速走行しか出来ない。
すでに数隻の乗合船が流しているが、潮の色を見て釣れる気がしない。

透け透け〜〜ふらふら

12.JPG

20.JPG

3流しほど試すが予想通り全く反応無し・・
ナカトを出た辺りでうろちょろするがここも魚探に反応無し。
ようやく起点が定まり、椿谷を流す事に。
60mラインの西へ流れる潮に乗せて緩やかな駆け上がりを攻める事に。
時はすでに8時を回っていた。
この時点で2隻ともまだ丸ボウズ。
周りの船も釣れてる気配はなく、竿が曲がってる様子はない。
風もいよいよ強くなってきて非常に釣り辛い。

潮止まりなので少々浮いてきてるのか船長の指示は15回ほど巻いてとの事。
そろそろ一枚くらい釣らないとみんなのテンションが下がってしまうのではと思い必死のパッチで誘う。
少々早巻きで誘うと15回巻いたところで魚の気配が!
チビの白擬似なので前アタリの後、一気に咥えて反転してくれた。
さほど手応えは無いが大事にやり取りし、上がってきたのは45cmの刺身サイズ。
危うく加太の海にノーヒットノーランされるところに一矢を報えた。
一気に船上は盛り上がるが、後が続かない・・

潮が反転し下り始めてきた。
ここでポイント移動。
向かうはコイヅキ!
大きな期待を込めて向かう。
潮は程良い緑色に濁っているが・・
潮は予想通り南西へ流れてしまうようだ。
ここは島に向かう潮じゃないと釣れないらしい。
2流しほどで諦める・・

またまたナカトへ戻るがやっぱり透け透け状態・・
仕方なく先ほど流した椿谷へ。
ここで白のチビ擬似と赤の毛糸を交互に付けてみる事に。
最後のチャンスと思い、デッドスローで誘ってみる。
するとやる気を感じない小さなアタリが!
何とか反転してくれて35cmのチャリコをゲット!

しかし単発で続かない・・
11時半まで粘ってくれるが敢え無くタイムアップ。
何とも悲惨な釣果となってしまった。
14名でたったの2枚だけ・・
その2枚を釣る事ができて良かったが、折角のオフ会が寂しい結果に終わってしまいました。

釣り後に前回もお世話になった『いなさ』さんで皆で昼食会。
海鮮チラシ寿司を喰いながら自己紹介やバカ話。
加太の真鯛釣りに侵されている重症患者が集まると話題が尽きないようだ。
釣果はいまひとつでしたが楽しいひと時を過ごす事ができました。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
次回こそは好天でオフ会したいものだ。


19.JPG

13.JPG

またまたアベレージが下がってしまった・・

posted by カラス at 23:03| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 加太 釣行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。